Tandokoro factory

ところで

サイトをリニュ中です。

今こんな感じ。
ためしに作ったものなので、穴あきだらけですが。
http://seniuni-renraku.wix.com/seto

いずれ独自ドメインとったりしようかなぁどうしようかなぁ。
どうぞよろしくです。
[PR]
# by seniuni | 2013-04-16 16:18

参加させていただきます

パハプスギャラリーさんにて、GW期間中に開催の「ホー」「ホー」 ハトブエ テテップゥ.に参加させていただきます。

佐賀ゆかりの素敵なクリエィターの皆さんと展示なのですが
個人的にもっとも楽しみなのは、ミヤタチカちゃんとの久しぶり一緒にできるということ。
2004年の展示で一緒にやってからかれこれ9年!
いろいろと楽しみでやんす。

GW中はぜひお出かけください~

ところで、相方遠山が憩ひで1-6日まで個展してるのでそちらもあわせて佐賀までおこしください。

私は唐津でやきもん祭りの手伝いに尽力して力尽きないようにしておきます。。(お仕事なので…)
[PR]
# by seniuni | 2013-04-16 10:13

車中

生活費のための仕事は移動が多いので音楽を聴きます。
と、音楽の事を書いてみようと思いましたが、あまりの懐メロっぷりと時代を反映っぷりにはずかしくなってやめました。

ラジオでお勧めは、NHK第二です。
語学番組か、波の高さとか、株価?のことを延々としゃべっています。
大変興味深いです。

話が飛びますが、京都出張の折、あこがれだった店舗に足を運んで、バックを買ってきたのですが、
かわいいばっかりで(それで十分という話も)私のようなバックに過重積載させすぎて、持ち手ちぎれる事件を起こすような人には向かないことが判明しました。
お財布はガマ口で、ハンケチとポケットティッシュ(もちろんティッシュカバー付き)で、携帯くらいが積載容量でしょうか。大きいのにね。
家で眠っています。パーティとかに持ってでようっと。


花粉と黄砂とPM2.5(といっても喫煙ルームの方がもっとすごいとのことですね)のせいで、花粉症はさほどでもないですが、身体じゅうに、大人のアトピーなるかさかさとじゅくじゅくができてしまって、毎日かゆいです。

ステロイド系に走れば早いですが、皮膚が薄くなったりするからなぁ。と皮膚科にはいかないで、なんとか方法はないだろうかとみていると、精油系で保湿クリームを作るところに行きつきました。

ちゃんと作るのは面倒だったので、ワセリンとまぜまぜすると、われを忘れて邂逅にひたれそうなくらいおばあちゃんの樟脳のかほりのようなすてきなカモミール塗り薬ができました。

でも、見た目もあれだけど、ただのワセリンより私は調子がいいかも。と思います。のびもいいし。
でもそこはかとなくナフタリンを嫌悪する気持ちに近い気分(嫌悪するのは好きだからという紙一重の気分ということです)

これをぬったくって春を乗り切ろうと思います。


と入稿を目前に控えて現実逃避の投稿でした。はい。
[PR]
# by seniuni | 2013-03-16 13:21

昔のお仕事

そういえば、だいぶ前のことで、こちらで広報をし忘れていましたが、

『BOOKマルシェ佐賀2012』冊子「chukka」に読書感想画を書かせていただきました。

e0104059_192115.jpg


表紙は、ちえちひろの宮崎千絵さん。
その奥にうっすらみえる白いごぼうのような絵を瀬戸口が手掛けています。

読書したのは、「月夜のでんしんばしら」
そう、宮沢賢治の作品です(青空文庫で読めます)。

この作品は、小四の時に描いた読書感想画の題材でした。

当時、社会系の学部をでているにもかかわらず、非常に絵画教育に熱心だった、担任のアイノ先生(今でも大変熱心で、地域の美術グループを介して交流があるのであります)。
読書感想画には、いつもよりもより力を入れて、指導にあたられており、
私の絵に関しても、△の構図だ!!と強くいわれていたにも関わらず、
電気の爺さんにかーっ!と言われている主人公恭一は、ぜったいびびるだろうと思って、
のけぞっている構図、ひし形の構図になっていることを、違うだろーあっこぉ!!と強く指導され、
涙目になりながら、がんばった、という思い出が強く心に残っているからです。*ちょっとした脚色はあります。笑

今読み返すと、実は戦争の色が強くでていたり、新しい文化に驚いている賢治のまなざしが垣間見え、
そして、他の作品にも感じる幻想的な雰囲気があるんだなぁと、初めて読んだ本のように新鮮な気持ちになりました。
当時は、書いてある情報について色々腑に落ちるには下地が足りていなかったのでしょう、コミカルな二人のやりとりにだけ目が向いていました。

今回は、電信柱の行進と、恭一が感じた哀愁っぽい様子と月夜を印象的に描きました。
やっぱり大人になってしまっているのと、賢治の他の作品によるインスピレーションが色濃くでてしまった感はあり、あるある系イラストと呼ばれてしまうことがあっても否めませんが、自分にとっては、満足のいく出来だったかと思ってます。

次の機会があれば、「やまなし」を描きたいと思います。
これは、小六の時の題材で。あ、いや小五だったかな。これは結構うまくかけたなぁと思った思い出が。

リアルタイムでお知らせすべきではありましたが、こんなこともやっていました。
ということで。
[PR]
# by seniuni | 2013-03-06 19:18

二月末

気が付きました。
実はブログの方が気が楽であることを!

SNSは、貴方の事いつも気にかけていますよ、という風にすべきであることが美徳で、
それについてはもちろん恩恵を授かっている場面もしばしばですが、
ときどき独り言をつぶやいてみたい(ツイッターとはまた違って)とき、
ちょっとだけ下火になっているブログが効力を発揮するような気がしてきました。
(いやもちろん、有名ブロガーの皆さんのコメント欄はいつも満員御礼という人も多かろうと思うのですが)

私のブログは何かをきっかけにせとぐちさんとはどんな人ぞや?と検索してくださったり(ひじょーーにまれなケースですが)SNSではつながっていない知り合いがあの人は今。と覗いてくれる先として、提供されております。

最近は、気ぜわしくしておりましたが、なんとか元気です。

春からも佐賀県下に居そうな昨今。

「地方」の代名詞ともいえる九州の更に田舎に住んでいて、
都会のニューウェイブの息吹も感じとれないところで、
作家を名乗り絵を描いたりしていますが、
その情報格差を逆手にとって、独自の戦略、という名目の元、
今後もがんばっていきたいと思っています。

e0104059_19422495.jpg

こちらは我が家の雀です。
[PR]
# by seniuni | 2013-02-25 19:42

暗闇のにゃーん

先日飲み会があって、ほろよいでふらふらしていると、
鉄筋の階段のしたに、にゃーんがいた。

まるっと鎮座。
微動だにせず、前をじっと見つめている。
ちょっとちょっかいを出そうとしたら奥に引っ込んで、その場でまるっ。

かわいかったので、写真にとりました。
きっと、まってると餌をくれる人がいるんでしょうね。

e0104059_1857335.jpg

[PR]
# by seniuni | 2013-02-05 18:57

2月ですね

特筆するような、トピックもないのですが、更新してみました。
最近は九州の方が先に雪が積もったりと寒い日が続いていましたが、今日は小春日和です。

うちでは、スズメを飼っていて、毎朝元気にしていますが、起こてこないと心配、というか寂しいみたいで、起き上がってくるまで鳴き叫んでくれます。
愛情がいっぱいです。。

かと言って、起きてから、おいで〜と呼ぶと、逃げます。。

…愛情の裏返しですね。

パンを食べ出すと寄ってきます。

現金ですね。。

こんな毎朝のお知らせでした。

元気です。
[PR]
# by seniuni | 2013-02-02 12:39

AIS

展示。佐賀県立美術館
e0104059_1202846.jpg


100号3点 です。
美術館に持ってくると100号でもだいぶ小さくなって見えてしまいますね
[PR]
# by seniuni | 2012-12-15 11:58

テンプルトレイマーケット

有田の大イチョウの麓、テンプルトレイという素敵なショップで開催されるテンプルトレイマーケット
今年も参加します!
絵画作品と、少しだけグッズも展開です。
大イチョウも紅葉しててとってもきれいなので、遊びにいらしてくださいね。

陶山神社では、アリタマルシェが開催。こちらも寄られるとちょうどいいかも!
よろしくお願いします~!
e0104059_1743547.jpg

[PR]
# by seniuni | 2012-11-06 17:05

とうこうとうこう

写真は大量にあるのに、なぜかアイパドで更新中なので、写真があげられないセトロです。
こんばんは。

先週は小石原、今週は小鹿田〈おんた、と読みます、コジカダではないです。でも変換しててカワイイとおもう、オンタでは絶対でないのです〉と、民陶三昧してきました。
かわいいかわいい器たちお迎えしてて、はた、と気がつく。
わしは、一体何をしておるのじゃ。。

でも!とささやくいいわけ天使。だって、お給金いただいてる仕事はやきものじゃない!?他の産地の実状を体感してくるのもお仕事なのよっ!と。

イヤイヤ、わしはアーティストだったんじゃ、それが器を買いあさる耄碌じじいになっているとはなげかわしいものじゃ、
いいえ!器趣味も極めれば骨董よ!骨董ならほら、美術館とかにも入ってるじゃない?!だから器は大丈夫!

と言い訳天使に軍配があがりました。

と、一人でやるのはビミョーですね。自粛します。

工芸と現代アート〈そもそもそうではないという話もあるけど〉の融合を目指し日夜研鑽に励みたいと思います!

ということで、次は、カゴかな?

…えっ、わしは一体?
[PR]
# by seniuni | 2012-10-16 22:01